FC2ブログ

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
会社員の傍ら、真珠母貝や夜光貝を用いたアクセサリーの制作をしています。
主にその制作にかかわる日記を発信していくつもりです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

タカセガイのペンダント

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : タカセ貝 ペンダント

タカセガイのペンダント

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : タカセ貝 ペンダント

タカセガイのバングル試作品

高瀬貝を使ってバングルを試作してみました。 1つのシェルから1つしか作れません。 1枚目の紅白模様の貝が高瀬貝です。 ドレスシャツのボタンによく使われる 貝です。 画像などで理解はしていましたが、実物で構造を見たり、どこに刃を入れれば切り出せるのかを見るための試作です。 かなり小さい貝を使用したのですが、そのため右側のバングルはかなり薄いです。 多分、ほんの少しの力でパキッと行くことでしょう。 それを承知で使ってくれる人にでも差し上げるとしましょう。 追加で大振りのシェルからも作ってみました。 自分の手首にジャストフィットです。 開口部が少しだけ大きかったかな… #高瀬貝 #タカセガイ #バングル #シェル #アクセサリー

hige_Craft.Lauleaさん(@hige.craft.laulea)がシェアした投稿 -

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : タカセ貝 バングル

タカセガイの丸ごとパール磨き

今回は、高級ボタンの材料になるタカセガイをまるごと磨きました。

タカセガイ(高瀬貝)はボタン材料や流通上の名称のようで、標準和名は
サラサバテイラ(更紗馬蹄螺)とか、サラサバテイと表記されます。
「螺」とは貝殻が渦巻き状をしている貝類、要は巻き貝のことです。
この貝の形が馬蹄に似ているため馬蹄螺、更紗は模様のある布という
ほどの意味合いです。

左の画像は磨く前の原貝の状態で、石灰分が付着しています。
この石灰分を落とすと、右の画像のような赤い縞模様が現れ、
この部分が「更紗」の名前の由来なのでしょう。
磨き上げる前に撮影していないので、左右の貝はそれぞれ別の貝です。

タカセガイ原貝1タカセガイ原貝2

食用で流通しているシッタカ貝の和名がバテイラで、日本海側で
オオコシダカガンガラ(大腰高岩殻)と呼ばれるものは、バテイラの
亜種とされています。
いずれも真珠層を成すため、食べ終わったものを磨き上げれば、
きれいなオブジェになります。

タカセガイによく似た貝で「ヒロセガイ(広瀬貝)」という貝もあり、
こちらもボタンの材料になります。
標準和名は「ギンタカハマ(銀高浜)」といいます。

これらの貝は、円錐形で表面に凹凸が少ないので、根気さえあれば
手作業でもパール磨き仕上げはできますが、力の抜き方をうまく
やらないと、1つ出来上がる頃には立派に腱鞘炎になってしまいます。
ちょっとやってみたい、ということならば、薬品(トイレ用の洗剤で塩酸
成分を含むもの(サンポール、ネオナイスなど)を使用し、表層を
溶かして真珠層を露出させるのが効率的です。
この方法は、希釈されているとはいえ塩酸によって貝殻表面の
石灰分や、貝殻の主成分である蛋白質を溶かすという作業ですので、
その方法について十分に情報を
収集してから、危険性を認識したうえで行う必要があります。

で、今回の作品ですが、サイズは高さ約60mm、底面の径が約60mmと
小ぶりのものです。
古くから高級ボタンの素材とされてきただけあって、しっかりと磨き上げる
ことで、透明感のある光沢が出てきます。
やはり巻貝なので、アクセサリー素材としての板材には使いにくく、
このままオブジェとして飾っておくのがよさそうです。






| ホーム |


 ホーム