FC2ブログ

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
会社員の傍ら、真珠母貝や夜光貝を用いたアクセサリーの制作をしています。
主にその制作にかかわる日記を発信していくつもりです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

カズも認めたこの効果!濡らして振るだけですっきり涼しい!! COOL CORE タオル

前職を早期退職し、1年10か月の無職生活の間、就職活動以外、あまり外に出歩くこともなく
貝を削って磨いていたわけですが、暑い時期になると冷房が必要。
冷房をかけると電気代がかかる、かつ、最近は冷房がだんだん苦手になってきているので、
濡らして首に巻くタイプのものを愛用していたわけです。
暑い日中でも、これと窓を開け放して空気が通るようにしていれば、思ったほど
苦しくも辛くもなかったです。

昨年のものは、乾燥が不十分でカビが発生してしまい、処分しました。
今年も暑い夏を乗り切るため、またドラッグストアで買おうと思っていた矢先、結構話題になった
製品を見つけたので買ってみました。

「クールコア」というポリエステルのタオルで、水に濡らして絞り、強めに振ることで生地温度が
低下するというもの。
アメリカで生まれたテクノロジーで、全世界30か国で販売されているそうです。
しかも、紫外線遮断率98%!紫外線保護指数(UPF)50+!!

UPFとは“UltraViolet Protection Factor”の略称で、南極のオゾンホールの影響を最も
受けているオーストラリア/ニュージーランドで定められたUVカットの世界的基準値です。
紫外線(UV)の人体影響度(=肌に紅班が現れる)基準評価で、数値が大きいほど
紫外線の影響を防ぎます。
最高値は50+で、夏の太陽光の下で、皮膚が赤くなりはじめる時間を約50倍以上
遅らせてくれるということです。
上限が50+なので、例えばUPF120であっても50+と表記されます。

閑話休題
そして、このタオル、抗菌仕様、洗濯機で洗えて、しかも冷感効果も持続し、
ポリマーや合成樹脂、防腐剤などは不使用なので、安心して使えます。
冷感効果は、水でもお湯でも発揮しますし(冷感を得るために、あえてお湯を使う人も
いないと思いますが)、汗でも効果があるそうです。
とにかく、生地に水分が含まれてさえいれば、ぬるくなっても振るだけで何度でも
冷感が感じられるというもの。

今年の夏はこれで乗り切りたいと思います。








白蝶貝 フィッシュフック XSサイズ

以前制作したものと同じ、黄色みの強い部分からフックを作りました。
過去に2つほど、同じ素材からフックを制作していますが、
同じ素材から切り出した 素材の最後の1つです。

黄色の色味の部分が少ないのですが、厚みがある素材です。
とはいえ、サイズは極小のXSサイズ。
縦が約35mm、横が約20mm、厚みは最大で約6mmです。
サイズは小さいものの厚みがあるため、ふっくらしたフックができあがりました。

コードは新色のワイルドピーチで、薄いオレンジがかったピンクのもので、
極小サイズに合わせて四つ組編みです。

3つめの画像は、以前制作したものと並べてみたものです。

白蝶貝フック11-1白蝶貝フック11-2白蝶貝フック3姉妹

マベ貝フック Lサイズ

先週末に完成していたマベ貝のフック、ようやくお披露目できます。
完成したのがもう暗くなっていた時間で撮影ができず、1週間遅れてしまいました。
磨きこんでいるため、フラッシュをたくと全体が飛んでしまうのです。

使用している部位は蝶番に近い部位なので、茶色の層が非常に薄く、
研磨しているとすぐに乳白層が現れます。
この部分は茶色の色味が薄く、磨きあげるたびにプードルの毛並みを思い出します。
サイズは縦約65mm、横約40mmと大ぶりですが、薄い素材なので軽いです。

マベ貝フック8-1マベ貝フック8-2マベ貝フック8-3

今回は小さいフックを制作して留め具もフック仕様にしてみました。
同じシェルから切り出したとは思えない、茶色の色味が強く出る部位を使っています。

マベ貝フック8-4マベ貝フック8-5

| ホーム |


 ホーム