FC2ブログ

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
会社員の傍ら、真珠母貝や夜光貝を用いたアクセサリーの制作をしています。
主にその制作にかかわる日記を発信していくつもりです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

マベ貝と白蝶貝インレイのヘアゴムと白蝶貝ヘアゴム

この日曜日に作ってアップしていなかった作品です。
スクエアのベースでマベ貝、フレームなしの台座のみで
白蝶貝ヘアゴムを制作しました。

貝殻ですから当然のごとく曲面で、そして薄いマベ貝の真珠層を
ベースに嵌め込むのはいつも苦労します。
今回は、削りすぎて角が欠けました…
リカバリーとして白蝶貝を嵌め込み、何とか形にしましたが、
厚みの違うシェルどうしをきれいに収めるのは大変です。
まだまだスキルが低いです。

これが、象嵌や螺鈿ならば、使う素材は平板な板に加工してある
「薄貝」と言われるもので、きっちりと面出しができるのですが。

マベ貝ヘアゴム2-1
マベ貝ヘアゴム2-2s

マベ貝ヘアゴム2-3
マベ貝ヘアゴム2-4


白蝶貝の方は、円形の台座のみで、削りだしたものを接着して
あります。
端材ですが、厚みもあり、模様も出ている部分なので、こういう形で
生かすことができてよかった。

白蝶貝ヘアゴム2-1
白蝶貝ヘアゴム2-2
白蝶貝ヘアゴム2-3


原貝から制作していくと、かならず端材が生まれます。
人間の勝手で奪った貝の命をできるだけ無駄にしたくないので、
端材とはいえ、なかなか捨てられません。
なるべく何とか生かす方法を模索して、形にできればと思います。

小さなチップを使って、モザイクインレイなどという手法も
あるのですが、やはりスキルが追いつきませんね。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : ヘアゴム インレイ マベ貝 白蝶貝

白蝶貝ヘアゴム

今回も、セリアで見つけたクラフト用のヘアゴム素材に、白蝶貝
インレイしました。

厚みを確保できる白蝶貝は、底を平らにしやすいので、こういった
ベースにインレイするのが比較的楽です。
今回は、貝柱のついていた部分を使用しているのですが、この貝柱の
あった部分というのは、磨いてもあまりきれいになりません。
下の画像の、勾玉のような形のざらついた部分が貝柱の部位です。

原貝_白蝶_s 

この部分はベースに埋め込む部分に使用すればいいので、反対側
つまり貝殻の外側部分を磨き上げて、そこが美しければ、端材でも
喜んでもらえる作品ができます。
今までは、この貝柱のあった部位でペンダントを制作しても、納得のいく作品が仕上げられなかったせいで、薄くしてもいいトグルにしてみたり、ごく小さめのフックにしてみたりしましたが、こういう風にベースにインレイすることで、素材を生かす道が広がりました。

白蝶貝ヘアゴム1-1 白蝶貝ヘアゴム1-2
白蝶貝ヘアゴム1-3 白蝶貝ヘアゴム1-4
白蝶貝ヘアゴム1-5 白蝶貝ヘアゴム1-6

画像で表面に出ている模様が、盛り上がって見えますが、平らに研磨してあります。
こういう模様が出るのは、実は虫食いのおかげです。
この部分、どんどん削っていくと黒い汚れのような層が出てきます。
その上に真珠層ができることで、模様に見えるわけです。
それだけ加減が難しく、削り落とすことをやめた後も、磨いている
過程で汚れに到達してしまうこともあり、見極めが大変なんです。
今回もぎりぎりのようで、かなり模様がはっきりしています。
まあ、そうなったらなったで、それなりにリカバリーする方法が
ないではないのですが。
正確なインレイの練習の意味も込めて、ベースを使ったヘアゴムや
ペンダントトップもいろいろと制作してみたいと思います。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : ヘアゴム 白蝶貝

マベ貝ヘアゴム1

セリアという100均が我が家の近所にあり、そこで見つけた
クラフト用のヘアゴム素材に、マベ貝をインレイしてみました。

オーバル型のベースに、カーブのあるシェルをインレイするのは
思った以上に大変で、よく見ると完全にベースに収まりきって
いないのがわかります。
白蝶貝のように厚みのある素材ならば、ベースに埋め込まれる部分を
まっ平らにして、浮きそうな部分は削り落とせばいいのですが、
マベ貝のように薄い素材は、浮いた部分を削ると、ベースの形から
欠けてしまうので、多少の浮きはやむを得ないと諦めました。

使用した部分の真珠層は、ハワイのコアウッドのような美しい
杢模様が見られ、ベースのゴールドとよく似あっています。
100均の素材ではありますが、華やかなマベ貝の輝きのおかげで
ちょっと高級感を出せたかなと思います。

マベ貝ヘアゴム1-1
マベ貝ヘアゴム1-2
マベ貝ヘアゴム1-3


 

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : マベ貝 ヘアゴム

アバロンインレイ白蝶貝フック

インレイしてみました。
底部分のオーバルはメキシコアワビ、左右にパウアシェルです。

メキシコアワビパウアシェルに比べると少々地味ですが、石灰層を
剥いて出てくる一層目の真珠層を使用しています。
その下にはもっと緑味の濃い真珠層があり、パウアシェルに近い
表情を見せてくれます。
次回は二層目を使ってみたいと思っています。
パウアシェルは、コバルトブルーと濃い目のグリーンが強く出ている
部分を使用したので、華やかな表情を見せています。

白蝶貝フックインレイ2-1 白蝶貝フックインレイ2-2 白蝶貝フックインレイ2-3
白蝶貝フックインレイ2-4 白蝶貝フックインレイ2-5


相変わらず、インレイワークは難しいです…
シェルに書き込んだデザインをトレーシングペーパーで写し取り、
型紙を作って白蝶貝を彫り込み、インレイするパウアは型紙に
合わせて削りこんでいくわけですが、ライン通りに削ることは
非常に難しく、また、埋め込むパウアは白蝶よりもカーブが強いため
それに合わせて彫り込みを加減しなければなりません。
最終的には現物合せで当てては削り、削っては当ての繰り返しです。
結果、削りすぎて隙間ができたり…

スキルは数をこなしていくうちにアップしていくでしょうが、
埋め込みのデザインはセンスが必要です。
今回も、オーバルの部分が今一つ気に入りません。
もっと繊細なインレイができるよう、精進します。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : 白蝶貝 フック インレイ パウアシェル メキシコアワビ

| ホーム |


 ホーム