FC2ブログ

プロフィール

ヒゲ

Author:ヒゲ
会社員の傍ら、真珠母貝や夜光貝を用いたアクセサリーの制作をしています。
主にその制作にかかわる日記を発信していくつもりです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

白蝶貝ゴールドリップペンダント1点と白蝶貝のペンダント2点

白蝶貝の端材で制作したペンダント3点です。

1点は、黄色味が強く出ているゴールドリップです。
黄蝶貝と呼ばれることもあります。
フィリピン近海で採集される白蝶貝には、黄色味が強く出る傾向があるようです。
磨き上げることで、物理的に真珠層が薄くなり、黄色味が弱まってくると、シャンパンゴールドに近づいていきます。
シェルの端の部分をリップと呼ぶので、ゴールドリップはシェルの薄い部分に現れることが多いのですが、貝殻のでき方によっては厚みのある部分でもゴールドが強く出る場合があります。

この素材は、ごく小さな端材ではありますが、しっかりと厚みがあり、ゴールドもはっきりと発色しています。
シェルに厚みがある分、ゴールドの層も十分に厚く、磨きこんでもゴールドがきちんと残ってくれました。

白蝶GLペンダント2-1
白蝶GLペンダント2-2


裏側は白蝶らしい、銀白の輝きです。

白蝶GLペンダント2-3
白蝶GLペンダント2-4


あとの2点も端材ですが、しっかりとした輝きが見られます。
裏側は虫食いがあったり、この角度では輝きが見えなかったりで撮影していません。

白蝶ペンダント32・33-1白蝶ペンダント32・33-3白蝶ペンダント32・33-2



いつも思うことですが、人間の勝手でシェルを切り刻んで端材にしてしまうわけですから、どんな形でも生かしてあげなければと思います。
その分、大きな素材よりはかなりの手間がかかりますが。

白蝶貝の原貝は、大量にストックがあるので、こうやって端材を生かすように制作していくと、フルタイムで制作しない限り、使い切るには一生かかるかもしれません。


テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

tag : 白蝶貝 ペンダント

<< ピアス3点 | ホーム | 夜光貝のペンダント2点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム